Home > 制作

制作 Archive

Chromebookを購入しました – ウィンドウ操作編

Chromebookを購入しました。

概要は他の方のブログや紹介に譲るとして。

Chrome、いわゆるブラウザしか使えないわけですが、結構使えます。
そして、デスクトップのGUIがいい感じです。

MacのExposeのようなウィンドウの一覧機能が、他のPCでいうF5キーの位置のキーを押すことで使えます。

Windowsのような、ウィンドウを右端にくっつけると右半分ぴったりサイズに調整してくれるような機能や、全画面表示しているウィンドウに加えて、別のウィンドウを右端にくっつけるとウィンドウ幅が1/4表示で表示されます。最近のWebはタブレットやスマホなどに合わせた「レスポンシブデザイン」になっているため、1/4幅にするとそのサイズに合わせたいい感じで表示されるモードになります。

私の買った端末はタッチパネルなので、そのサイズにした時のタップもいい感じです。

Kindleの漫画などの表示もタッチだとめくりやすいですね。

画面でのタッチ操作と、キーボード下にあるタッチパッドとの使い勝手がシームレスです。

この辺の、ウィンドウ操作の使いやすさがこなれています。

Windowsではどうしても過去のしがらみを引きずっているので、ノートPCといえど、いらないキーなどあったりしますが、Chromebookはそのあたりを現代なりに位置から設計した様子が伝わってきます。

Macのほうがもちろんこなれていますが、お値段的な比較対象はWindowsのタブレット機でしょう。

そこでの比較で言うと、むしろ同価格帯ならこちらのほうが満足感が高いのではないでしょうか?

基本的に「ブラウザ専用マシン」の設計のため、OSごと落ちたりしないのが利点です。落ちても再起動だけでよいのです。

そういった点で、ネットさえ使えればよいが疎い高齢の方や、病院内での入院時の使用など、「さくっと起動し、必要なことができ、終了のさせ方が変でも問題ない」というのは非常の良いと思います。

操作は、キーボードショートカットなどWindowsに準じていますが、一部Mac的に扱えるところもあります。

どちらのユーザーが移ってもさっと使えるのが利点ではないでしょうか?

特にこういった新規ものは、日本語入力などが問題になりがちですが、
日本語キーボードの場合
Winユーザーの方は左上の半角全角キー
Macユーザーの方はスペースキー左右の「英数」「かな」キー
で変更できます。

またChromeOSはここが優れていると思いますが、Windowsのように「〜語版」というのがなく、対応言語には対応マシン全てが対応します。まるでMacです。

そういうわけで、英字キーボードを使っても、日本語入力が可能です。
その際の変更方法は、
「shift + alt」で、入力方法を変更可能です。

また、「ctrl + space」にも割り当てられています。
こちらは「前の入力変更方法に変更」という、実は「英字と日本語」のような二ヶ国語を行き来するものです。それでも、Macユーザーにはお馴染みの「Command + Space」のような感覚で変更できるのはよいのではないでしょうか。

さて、このChromebookですが、実は「emacsのorg-modeをモバイルで使いたい」という意図で購入したものです。

その際は、「キーボード付きの軽くてバッテリーの持つ端末がほしい」という選定方法でした。こちらも、いかにして今の端末に至ったかの経緯を別記事で書きたいと思います。

使えるような試行錯誤を、今後検討していきたいと思います。

リニア振動アクチュエータを試す

秋月電子で面白いものを見つけた。

「リニア振動アクチュエータ」
LD14-002
日本電産コパル製
リニア振動アクチュエータ LD14-002: パーツ一般 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

リニア振動アクチュエータ LD14-002

振動モーターは試したことがある。特にケータイの振動機能 = バイブレーションなどで普及した製品である
パーツ一般/動力部品/バイブレータ(振動モータ) 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

さて、これはどんな動きをするのだろう?
リニアというからには直線的な動きなのだろうか?

こんな感じになりました。

振動モーターと比べて回路かプログラムで一手間かかるものの、
機構部分を設計するのにこの真四角は使いやすそうです。

振動の感じは、「肌につけてないとわからないかな」、という感じです。

振動モーターと比べると、振動の感じが弱く感じます。比較対象にもよりますが。
もちろん、私の試した回路が悪いかもしれないので
より振動をわかりやすく感じさせる方法もあるかもしれません。

以下は試しにやってみたい人向けです。

Continue reading

Twilioをお試し

田舎はネットが使える人が少ないので、電話で受けられるサービスをしようと自前の自動応答サービスを試行錯誤中。

Twilioというサービスがあって、うまく使えば予約受付とかも出来るはず…。

受付をアウトソーシングできると、自分にとって精神的コストがかなり減る。

Twilio公式

参考
ASCII.jp:たった4行で電話が作れるAPI「Twilio」とは? (1/2)|Twilioではじめるクラウド電話開発

からくり的なもの @ FEEEEL MARKET

FEEEEL MARKETにて動かして参りました。

全体記事はこちら
FEEEEL MARKETに出展しました

 

ずーっとからくりを作ってみたかったんです。

今回、FEEEEL MARKETに出展するお誘いを頂いたときに「今回こそはやるぞ」と思い作りました。

からくり的なもの

 

「お金(コイン)を入れると落ちてゆく」というものです。

写真だけではわからないですが、入れると、「あれ?」っていう動きをするところがあります。

また、今回は、同時にやった「モヤモヤ解消屋さん」の満足度払いの集金にも使いました。
(さすがにこれをやるだけでお金が吸い込まれていくのは悪徳商法だろう、と思いましたのでw)

お子さんが来てくださると、お母さんがお子様にコインを渡してくださって、それを入れると何回もやって楽しんでくれました。お母さんがとめたので3回で終わりましたが、こういうのは好きな風景だな、と思いました。

 

作った感想としては、なかなかうまく行かなくて、動くものは難しいなと思いました。けれどうまく動いたときはとても嬉しいです。

もともとは、球が立体的に動くものを考えていたのですが、あまりにもハードルが高く二次元的に動くもので収まりました。また二次元にしても球がうごくもの、バネを使って飛び跳ねるもの動かすもの、ユーザーがスイッチ的に動かせるもの、モーターを使うもの、LEDを使うもの、遊びながら知識が得られるもの、いろいろ考えたのですが、今回は第一弾ということでシンプルな形にまとまりました。

あらためて私は「動くものが好き」ということがわかったので、全く違う形になることも含めて今後バージョンアップして作りたいと思います。

時間マップ

FEEEEL MARKETにて展示して参りました。

全体記事はこちら
FEEEEL MARKETに出展しました

 

時間マップとは、ある地点(街、村など地域)を中心とした地図です。「どんな体験をするためには、どんな時間がかかりますか」というものを視覚的に示したマップです。

また中央に家賃を書くことで、体験を継続的に行うためにかかる(その地域に住むための)費用もおおざっぱにわかるようにしています。

時間マップ-下北沢 時間マップ-成田 時間マップ-美瑛

私は好きな街である下北沢を書き、また最近LCCなどの発着で気になる成田、またAppleの壁紙に採用された青い池で有名になった北海道の美瑛を書いてみました。(成田と美瑛は空想で書いているので中身が薄く、また実際とは異なることがあるかもしれません。)

またそれを例にしてお客様にもご自身の街や気になる街などを中心にして書いていただきました。
高円寺、千駄木、木場の時間マップです。

時間マップ-高円寺 時間マップ-千駄木 時間マップ-木場

 

「こういうのがまとめて見れるのがあると面白いですね」とお客様からお言葉を頂きました。

そのうち電子書籍化すると面白いかな、と考え始めました。もしご自身の好きな地域、住まいの地域などを書いてもよいよ(そしてこういう風にWebにアップしたりしてもいいよ)、という方いらしましたらコメントなど頂けると嬉しいです。

Display at METAMORPHOSE

Display at METAMORPHOSE on May 12th, 2012(Sat.)

Made by me and partner.

 

 

Movie
Metamo01  Metamo02

 

 

Metamo program basic

//複数のLEDのフェードインとフェードアウト
//タイミングは任意に調整可能

//テスト終了後に「Serial.begin」をコメントアウトしてあげると、動作が速くなる。

float rad = 0;               //ラジアン。カウントアップに使用。このプログラム内でのメトロノーム
long i = 0;                   // 明るさに変換するための中間変数
long j = 0;                   // 明るさに変換するための中間変数
long k = 0;                   // 明るさに変換するための中間変数
long l = 0;                   // 明るさに変換するための中間変数
long m = 0;                   // 明るさに変換するための中間変数
long n = 0;                   // 明るさに変換するための中間変数

#define LEDA 11               //LEDが接続されたピン
#define LEDB 10               //LEDが接続されたピン
#define LEDC 9                //LEDが接続されたピン
#define LEDD 6                //LEDが接続されたピン
#define LEDE 5                //LEDが接続されたピン
#define LEDF 3                //LEDが接続されたピン
int a = 0;                    //LEDAの明るさ
int b = 0;                    //LEDBの明るさ
int c = 0;                    //LEDCの明るさ
int d = 0;                    //LEDDの明るさ
int e = 0;                    //LEDEの明るさ
int f = 0;                    //LEDFの明るさ                        

void setup(){
  pinMode(LEDA, OUTPUT);       //LEDのピンの出力に設定
  pinMode(LEDB, OUTPUT);       //LEDのピンの出力に設定
  pinMode(LEDC, OUTPUT);       //LEDのピンの出力に設定
  pinMode(LEDD, OUTPUT);       //LEDのピンの出力に設定
  pinMode(LEDE, OUTPUT);       //LEDのピンの出力に設定
  pinMode(LEDF, OUTPUT);       //LEDのピンの出力に設定
  //Serial.begin(9600) ;         //テストの値チェック
}

void loop(){//radを-PIからPIになるまで増加させ、その後-PIに戻す
  for (rad = -PI * 1000 ; rad < PI * 1000; rad = rad + 100) { //ラジアンを加算
           if (rad >= PI * 1000) { //radが回り続けるための式(radが3.14まで行ったらリセット)
         rad = -PI *1000;// 条件を満たしたとき実行される文
      }

      //下記で、sinなどを用い、ゆっくり明るくゆっくり暗くを実現する。
      //元となるradからタイミングや速さなどを調整(ifなどで分岐も可能)
      i = sin(rad/1000) * 1000;//

      j = sin(rad/1000 + 1) * 1000;//

      k = sin(rad/1000 + 2) * 1000;//

      l = sin(rad/1000 + 3) * 1000;//

      // 上記の値(タイミングや早さの調節をしたもの)をシリアルにプリントする
      Serial.print("i: ");
      Serial.print(i);
      Serial.print("    j: ");
      Serial.print(j);
      Serial.print("    k: ");
      Serial.print(k);
      Serial.print("    l: ");
      Serial.print(l);     

      //上記で計算したものを、PWMの仕様にあった数値に変換
      a = (i + 1000) / 10 * 1.26 ;  //sinなどの値は-1から1が変位。元の数値を1000倍しているので、元の値換算+1で整数にするため、
      b = (j + 1000) / 10 * 1.26 ;  //+1000を足して正の値にし0〜2の変位になる。それをPWM上限の255になるように調整。
      c = (k + 1000) / 10 * 1.26 ;  //(Arduino仕様のPWMにあう形に変換するための計算   )
      d = (l + 1000) / 10 * 1.26 ;      

      //LEDを光らせる
      analogWrite(LEDA,a);     //LEDの明るさをセット
      analogWrite(LEDB,b);
      analogWrite(LEDC,c);
      analogWrite(LEDD,d);
//      analogWrite(LEDE,e);

      Serial.print("    rad: ");
      Serial.print(rad);

      // ベースクロックをシリアルにプリントする
      Serial.print("    i: ");
      Serial.print(i);

      // 明るさをシリアルにプリントする
      Serial.print("   A: ");
      Serial.print(a);
      Serial.print("   B: ");
      Serial.print(b);
      Serial.print("   C: ");
      Serial.print(c);
      Serial.print("   D: ");
      Serial.print(d);

      //シリアル出力の改行
      Serial.println();

      //delay(2);               //全体の明滅の速度を調節(「♪=??」の部分)
                               //ミリ秒停止 analogWrite()は一瞬なので
                               //これがないと変化が見えない しかし、処理が重い場合は不要

  }
}

ホーム > 制作

Search
Feeds
Meta

Return to page top