Home > 仕事の芽 > 空き家に対する固定資産税の軽減措置の見直しはビジネスチャンス!?

空き家に対する固定資産税の軽減措置の見直しはビジネスチャンス!?

空き家に対する固定資産税の軽減措置が見直しへ。所有者は熟考する時が来た | 住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【HOME’S PRESS】

上記記事を読んだ。

気になる部分だけざっくりまとめると

  • 空き家は倒壊、不審火の可能性や衛生、景観などに悪影響を与える
  • 空き家が増える主な要因として取り上げられているのが、固定資産税の「住宅用地の特例措置」
  • 150m2、課税標準額2,000万円の土地の場合、建物さえ立っていれば、固定資産税は毎年約23万円も安くなる
  • 昨年(2014年)11月に「空き家対策特別措置法」が成立
  • 特定の空き家に対する固定資産税の軽減措置も見直す
  • 利用予定のない空き家を所有している人は、今までの6倍の固定資産税を納めなければならない可能性がある

とのこと。

「土地持ち、空き家あり」の人は耳の痛い話ではある一方、その耳の痛さを解決するビジネスチャンスになるかもしれない。

過去を振り返ると、税制によって「長屋ができた」(間口の広さに課税されたから、正面が狭い方がお得)らしいから、そういったなにかができるかも。

よくあるのは駐車場だが、「オーナーにとっては今ある空き家を更地にするよりは税金が安くなり(可能であれば収入も入り)、使い手にとっては格安で建物を利用できるようなビジネス」ができれば面白い。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.prototype-work.com/2015/02/%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%ae%b6%e3%81%a7%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%b9/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
空き家に対する固定資産税の軽減措置の見直しはビジネスチャンス!? from Prototype-work

Home > 仕事の芽 > 空き家に対する固定資産税の軽減措置の見直しはビジネスチャンス!?

Search
Feeds
Meta

Return to page top