Home > work(働く)を考える | 時代の流れ > ひとが自然にくる仕組みって作れないかな

ひとが自然にくる仕組みって作れないかな

思考ぐるぐる

ーーーーー

Web   │  リアル
━━━━━━━━━━━━━━
見る  → 行ってみたくなる
         ↓
         行く
         ↓
発信する  ← 体験する
(ブログやSNSやクチコミ)
 ↓
(他の人が)
見る  → 行ってみたくなる
         ↓
        ・・・
ーーーーー

この流れをスパイラルにして、組めないかな。

Web   │  リアル
━━━━━━━━━━━━━━
見る  → 行ってみたくなる
 ↑       ↓
(他の人が)    行く
 ↑       ↓
発信する  ← 体験する

ーーーーー
<所感>
なにかしら流れって作れないのかな?

作る、というか、どこの都市だって数十年、数百年スパンで見れば栄枯盛衰してるんだから、そこの流れにちょこっと、石ころ投げてなにか変えられないかな。

バタフライエフェクト。
地球の反対側で蝶が舞うと、こちら側では台風が起こる、という。

そんな蝶のひとはたき。
ーーーーー
思いつきを羅列

<地点設定に関して>
・アートトリエンナーレは、アートを見に行く人もいるけど、それよりは「知ってる人についていって、なんか楽しい」とか、そのついでにポチポチとスタンプラリーできたりする楽しさがある。

・「スマホと現在地」は、実際の旗とか看板とかバス停的なものを作る必要がなく地点設定が簡単。天候などによる撤去なども不要。一方端末が必須。

・トリエンナーレは、目印ののぼりがあることで、ポイントを見つけられるし、全く関係のない興味がない人でも、知るきっかけになる。そして必要性があることなので、変な宣伝みたいにうるさい感じにならない。

<継続性に関して>
・チェックインと同時につぶやきを半強制にする、とか。

・チェックイン系のゲームは、実際に動くことでレベルアップしたりするらしい
(ってやってみないとね。コロプラとか。最近もやってる人いるのだろうか?)

・ingressは、チェックインに陣取り合戦が入ったようなものらしい
(これはiPhoneをJailbreakしているせいで、できない…。ハックするほどでもないし、できないし。パッチもあるみたいだけども、やるなら「普通」の状態で遊ばないとよくわからないし…)

これは、単なるチェックインでポイント加算されるものよりも、ゲームにすることで一回チェックインした場所にもう一度行く機会になるよな。(って、仕組み違うかも?)

・当日回っている他の人たちと、勝手に赤チーム、青チーム作って、さり気ない競争を可視化するとか。
それでいてのんびり回っている人も変に叩かれないように

・繰り返し性ばかり求めると、トルネコの不思議のダンジョンみたいに、ランダムマップみたいになる
(個人的にはつまらない)

・かといって、ドラゴンクエストみたいに意図したきれいな流れを作ると、意図があるだけあってきれいだし、体験の質も担保されるけど、二度目は飽きる
(いや、飽きていない人もいる。移植も複数されてるし)

<ほかの合理性>
・トリエンナーレのスタンプは、入場パスポート代わりなっている施設も多々ある。支払い済みを証明して現金決済の手間を省くとともに、二度入場できない仕組みにもなっている。

<技術的な面での手段>
・パスポートを紙のデザイン
 のぼりや、受付。受付コストがバカにならない

・ものはなにもなしで、アプリなど
 スマホ必須か。電波入らないかも?

・専用端末
 TWE-Liteや、Edyカード?
 外装は3Dプリンタでオリジナル多品種少量、基盤はCNCかプリント基板?
 人はいなくても回るけども。
 完全機械化よりは「第一村人発見」みたいなレスポンスもほしいところ。

<ほかの事例>
1,2泊の旅行
(どの田舎も観光策としてやっている)
黒川温泉?

1,2週間
ここはぱっと思いつかない

2,3ヶ月
神山町のアーティストインレジデンスやワークインレジデンスや、土佐山アカデミーのEDGE CAMPや土佐山ワークステイ

<終わり書き>
それにしても、こういうのは変な時間にばっと思いついて、急にアタマくるくるして、ぶわぁー!って広がるんだよな。
予定調和の生活リズムの中ではでてこない。

<個人的なこと>
ドミノ倒しが相変わらず好きだ。一コマ倒れると全部倒れる。ローコスト、ハイインパクト。ドミノ倒し自体は作るの大変だけど、どこかにそういったフィールドが出来上がっていると思っている。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.prototype-work.com/2014/12/%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%8c%e8%87%aa%e7%84%b6%e3%81%ab%e3%81%8f%e3%82%8b%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%9c%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%aa/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ひとが自然にくる仕組みって作れないかな from Prototype-work

Home > work(働く)を考える | 時代の流れ > ひとが自然にくる仕組みって作れないかな

Search
Feeds
Meta

Return to page top