Home > 時代の流れ > システムを売るか?コンテンツを売るか?

システムを売るか?コンテンツを売るか?

システムを売るか?コンテンツを売るか?

前者は大量生産的。薄利多売。(安くないと支持されない。もちろんある一定以上のクオリティは必要)

後者はオーダーメイド的。 (少しくらい高くても、満足感が得られないと選ばれない。逆に満足感さえ満たすことができれば価値は計り知れない)

二極化するように見える。どちらでも適した方でよいと思うけど、個人としてどちらかに進む必然性が出てくるように思う。

前者の例はマーケットやバザーの運営者。
後者はそこで売る人々。

どちらもが揃って、一つの場として機能する。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.prototype-work.com/2012/11/%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%82%92%e5%a3%b2%e3%82%8b%e3%81%8b%ef%bc%9f%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%92%e5%a3%b2%e3%82%8b%e3%81%8b%ef%bc%9f/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
システムを売るか?コンテンツを売るか? from Prototype-work

Home > 時代の流れ > システムを売るか?コンテンツを売るか?

Search
Feeds
Meta

Return to page top